この記事は が書きました。

必要に迫られて大急ぎで取得した宅建試験の受験経験の中から、多くの受験者に共通すると思われる短期合格勉強法を書いています。宅建合格年は2011年(平成23年)。現在、宅建試験の受験指導とは全く関係のない仕事をしており、また特定の予備校・指導機関・出版社等との関係も一切ありませんので、しがらみに縛られない記事を書いていきたいと思います。

One Response

  1. 佐々木
    佐々木 at | | Reply

    テキスト(基本書)と問題集(過去問集でない)は別会社、別出版社の方がいいですよ。もちろん定評のあるものにしてください。どちらの会社も満点は目指さずに36点を目標に…と書いてあります。しかしながら36点のターゲットゾーンは各社微妙に違うはずです。ならばテキストと問題集を別会社にすれば36点+αが期待できます。
    テキストを一読して問題集を解いた時、テキストに載っていなければ、その未掲載分をテキスト書き込んで下さい。それを続けて、そのテキストを理解し覚えてしまえば 、一会社のターゲットゾーンよりも広いゾーンをカバーしていることになります。
    但し、欲をかいてテキスト、問題集を数冊も買わないで下さい。テキストは一冊、問題集も…私は、問題集一冊、直前模式集一冊でした。

コメントをどうぞ(管理者の承認後に表示されます)。
* マークのあるのは必須項目です。

Leave a Reply


5 × = 二十